納得いかない現実。別れさせることで、恋の未来を変えることができますか?

勇気を出して、『助け愛』

あなたが相談しようとしている内容はありますか?

愛する人を取り戻す(復縁する)ための目的

別れさせ屋や恋愛トラップに届く相談で、最も多いのが、「愛する人、大切な相手を再び取り戻す目的」です。例えば、同棲中の彼女が、ある年上の男性と不倫をしており、その不倫相手の男性と一緒になりたいがために、相談者の男性に対して、「不倫に本気になってしまった…別れて」と別れ話を切り出されたようなケースや、夫が愛人女性にのぼせ上がり、「もう離婚したい」と言い出してきたときなどに、浮気相手と別れさせることで、とりあえずは相談者のもとに、大切な人が戻ってくるという内容です。もちろん、別れさせただけでは、完全な形でやり直せないケースもありますので、水面下でターゲットを別れさせたあとに、復縁(やり直すための関係修復)もサポートしてくれます。
その他、まだ相手から別れ話(離婚話)を切り出されていないものの相手の浮気をやめさせたい、今後の別れる原因を根絶させておきたい、別れや離婚を回避したい、浮気(不倫)が原因で愛する人と別れてしまったがどうしても浮気相手と別れさせて取り戻したい、というケースなども、1位の「愛する人を取り戻す(相手の気持ちを取り戻す)ための目的」と言えます。

 

不倫している当事者が不倫の苦悩を取り除くための目的

二番目に多いのが、不倫当事者からの相談です。例えば、妻子持ちの男性を好きになり、不倫だけれどもお互い本気で恋愛をしている不倫カップルが、奥さんと離婚して一緒になりたい、不倫を終えて結婚したいと思っているのに、奥さんと妻子持ちの男性の離婚話が一向に進まない。それどころか、不倫の事実を知った奥さんが、頑なに離婚を拒んでいるようなときに、どうしても離婚させてほしい…というケースがあげられます。また、例えば、相談者が独身男性で、既婚女性と不倫しているとき、その女性から「夫に不倫がばれそうだから別れたい」と言われたが、どうしても受け入れられず別れを回避したい…というケースもあります。その他、苦しい不倫を終えたい(別れたい)のに相手が別れに応じてくれないケース、不倫相手との間で子供を妊娠してしまってどうしたら良いのか分からないケース、W不倫でお互いが離婚して一緒になろうと約束していたのに、いざ自分が離婚を成立させると相手のほうは「やっぱり離婚するのは難しい」と言われ納得できないケース、妻子持ちの彼は「奥さんとは肉体関係もなく口もきかない」と言っているが本当かどうか確認したいケース、既婚者の彼の子供ができたことを伝えたら、今までとは打って変わって「おろしてくれ、絶対に生まないでくれ、別れてくれ」などと言われて完全に怒り心頭なケース、独身男性が既婚女性との不倫関係に疲れ、旦那と彼女と離婚させてほしい…というケース、不倫関係を10年以上(長い間)続けており、もう不倫ではなく自由に一緒にいたいので、既婚者の彼(や彼女)には内緒で離婚させてほしいというケース、などがあげられます。いずれも不倫特有の苦しい苦しみから逃れたいことが目的で、別れさせ屋に相談を持ちかけておられます。

 

別れたい(離婚したい)のに別れられないとき(別れる目的)

三番目に多いのが、別れたいけど別れられない、離婚したいけど離婚できない、婚約したけどやっぱり婚約破棄したいなどの、別れたい相談です。相手が頑なに別れを拒み、自殺未遂をして怖いから安全に別れさせてほしいというケースや、もう夫婦関係に愛はなく離婚したいのに経済的なことが目的で離婚届けにサインをしてくれないので離婚条件を作ってほしいというケース、同棲中の彼がストーカーのようになって別れてくれないので他の女性に目を向けさせてほしいというケースなどが挙げられます。いずれも相談者だけの力で無理矢理な別れや離婚を築いてしまうと後々が大変なことになる、というような危惧があり、別れさせ屋を利用して別れています。もちろん、相手には内緒で工作を行いますので、別れられた後に大きな問題が生じることはなく、もし問題が生じても、別れさせ屋が対処してくれるので、ある意味安心して別れられるのを待っていれば良いという感じになります。言い換えると、相手のほうから去っていくという形が理想です。また、相談者自身が既に別の異性と交際や不倫をしている場合、その事実が相手に知られると、余計に別れてくれない(離婚してくれない)という事が起き得ますので、相手が執着深く、非常に強い独占欲、相談者への依存がある場合は、別れさせ屋に相談する前に自分の他の異性関係を相手に伝えない、ということが重要になります。

 

三角関係、二番手、片思いの状態から脱する目的

四番目に多いのが、愛する人を独占したい、手に入れたい(略奪愛したい)というような目的です。例えば、彼に彼女がいる中で付き合い始め、最初はそれでも幸せを感じていたものの、交際期間が長くなるにつれて二番目の彼女(二番手)という部分に納得できなくなり、彼を独占するために現彼女と別れさせてほしい…というようなケースがあげられます。また、社内の同僚と付き合っているが、その同僚は上司とも不倫関係を持っているので別れさせたいというケース、意中の彼女には暴力的な彼氏がいるので、彼女を救うためにも別れさせたいというケース、「他に付き合っている人がいる」という理由で振られたので、その人と別れさせて、相談者が付き合うきっかけを作りたいというケースなどもあります。

 

家族の幸せを守ったり、家庭崩壊を防ぐ目的

五番目に多いのが、家族関係を守ったり、家庭崩壊を防ぐ目的です。例えば、父親が愛人との不倫関係をやめず、母親がいつもつらそうにしているので父親と愛人女性を別れさせてほしいというケースや、娘が不良男と交際し、万引きやいじめなどを行なっているので、不良男から娘を安全に引き離してほしいというようなケースがあげられます。その他としては、息子の結婚相手の女性は財産が目的で結婚したがっているフシがあるので結婚をやめさせたいというようなケース、旦那が愛人に貴重な生活費をつぎ込んでいるので家計や子供たちを守るためにも愛人と別れさせたいというようなケース、父親が母親にひどい暴力をふるっているので水面下で離婚させて母親と一緒に暮らしたいというようなケース、ひどい父親とは縁を切りたいというようなケースもあります。家族愛を重要視して幸せな家族になったり、家庭の崩壊を防いだり、離婚すること(縁を切り離れること)で新しい幸せなスタートを切ったりする目的で別れさせ屋を利用しています。

あなたも考えてみてください、別れさせ屋を利用する目的を!

男女や夫婦を別れさせることには、別れさせる以外にも、目標があるはずです。例えば、「愛する人を浮気相手から取り戻すために」「復縁するために」「別れを回避するために」など、別れさせることで、何かしらの恋の悩みが解決し、未来を変えることができる、それこそが、別れさせる必要性となります。先ず最初に、今一度、理想の未来を想像してみていただきたいと思います。


例えばどうやって別れさせるの?(例:不倫略奪愛)

初めて相談をする方にとって、実際に、プロの工作で別れさせることに多くの不安が付きまとうことになります。しかし、工作実力の高い会社に相談してみることで、無理だと諦めていたことが、実は数ヶ月の期間で、現実のものにすることができる可能性もあります。目的を明確にした後は早速、その道のプロに相談を持ちかけてみましょう。

 


未来を変えるために、プロに目標を伝えてみよう!

全国、24時間無料の相談先をご紹介します。別れさせる目標が決まったら、早速相談してみてください。勿論、相談は無料で行ってくれます。 ⇒相談窓口サイト

 


 

あなたが夫婦や恋愛、家族や交際相手とのことで大きな壁にぶつかったとき、先ずは無料で相談をしてみることをお勧めします。プロからのアドバイスで、あなた一人でも解決できる方法が見つかるかもしれません。

 

⇒ 男女問題、家族問題のプロに、あなたの悩みを相談してみよう!